(レビュー)たった18日で次の入居者が決まる満室革命プログラム

きっかけ


自身の物件で空室期間が長引いていたため、空室対策の参考になりそうな本を探していて見付けました。

概要

空室を1日でも早く解消するための手法、「満室トリガー」と「満室スターチャート」について解説しています。
著者は「空室対策コンサルタント」として、延べ2328戸の空室を埋めてきた実績を持っています。その著者が独自に開発した手法が「満室トリガー」と「満室スターチャート」です。
具体的な手法については本書をご覧いただきたいですが、端的に紹介すると、
「満室トリガー」とは、満室をひきおこすためのきっかけのことです。
一例を挙げると、入居者のターゲットを決めることや、内見者をひきつける募集条件を設定すること、などです。トリガー21まであります。
「満室スターチャート」とは、

  1. ソフト
  2. ハード
  3. マーケティング
  4. 大家力
  5. チーム力

5つの要素を高めることで満室を実現するという考え方です。各要素に「満室トリガー」を当てはめる形になっています。

気づき

リフォームをやって、仲介業者を回って、空室対策としては全てやり尽くした気になっていました。しかしながら、まだまだやれることはたくさんあるということに気付かせてくれました。

To Do

  • 広角レンズで部屋を撮影し直す。
  • 現地看板を設置する。
  • 客付け業者をもっと訪問する。
  • USP(Unique Selling Proposition)を考える。

満足度

満足度は、5点満点中の4点です。
多くの気付きは得られますが、知っている内容や既に手掛けている空室対策も多かったので。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です